第653回 二木会のご案内

「天神の未来 ~オリジナルなまちづくりは可能か?~」

初春の候、館友の皆さまにおかれましては、益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。

さて、令和2年2月の二木会は、昭和58年ご卒業の松岡恭子さんに「天神の未来 ~オリジナルなまちづくりは可能か?~」をテーマにご講演いただきます。

松岡さんは、昭和62年九州大学工学部をご卒業後、平成2年東京都立大学大学院、平成3年コロンビア大学大学院で修士課程を修了されました。その翌年の平成4年からはニューヨーク、台北と福岡を拠点に建築家としての活動を開始される一方、平成19年からの6年間は、東京電機大学建築学科の准教授として、研究と教育に従事されました。現在は、株式会社スピングラス・アーキテクツ代表取締役、NPO 法人福岡建築ファウンデーション理事長、平成28年からは株式会社大央代表取締役社長も兼任されております。

福岡は今、「天神ビッグバン」「博多コネクティッド」「ウォーターフロントネクスト」と、行政が敷いた枠組みの上に民間の開発が活発に動き出しています。多くの館友にとって身近な街・天神も、これから100年に一度の大変化を迎えようとしています。今回の講演では、天神明治通りまちづくり協議会という地権者からなる組織に、アドバイザー兼コンサルタントとして関与されておられる立場から、未来の天神に込める想いについてお話を伺いたいと思っております。

多数の館友の皆さまのご参加を心よりお待ちしております。なお、お申し込みは東京修猷会Webサイトから、令和2年2月7日(金)までにお願い申し上げます。

東京修猷会   会 長  伊藤 哲朗(昭和42年卒)
幹事長  松尾 隆広(昭和54年卒)

第653回二木会講演会

テーマ:「天神の未来 ~オリジナルなまちづくりは可能か?~」

講 師: 松岡 恭子(まつおか きょうこ)さん(昭和58年卒)

日 時: 令和2年2月13日(木)(受付/18:30~ 講演/19:00~)

軽 食: 講演前の17:30~18:45の間、学士会館1階レストラン
 『SEVEN'S HOUSE』にて、軽食(ピザやハンバーグ等)を取っていただくことができます。
 (講師の松岡さんも同席される予定です。
 料金は、1ドリンク付きで1,500円/2,000円です。
 ご希望の方は席を予約しますので、事前にお申込み下さい。
 なお、その場合は講演開始15分前までに食事を終えて講演会場に入場ください。

場 所:学士会館
    千代田区神田錦町3-28
    電話 03-3292-5931

o 東京メトロ半蔵門線・都営新宿線/三田線「神保町」駅 下車1分
o 東京メトロ東西線「竹橋」駅 下車5分

会 費: 1,500円 (講演のみ)
 70歳以上および学生の方は無料

参加申込はこちらから(令和2年2月7日(金)まで)

記事一覧
<< 記事一覧続き